循環器内科の問診票サンプル・テンプレート

循環器内科の問診票サンプル

cardiology-monshin-all

作り方のポイント

循環器の主訴を選択肢として提示

動悸・呼吸困難・胸痛・不整脈・高血圧・低血圧・浮腫・背部痛・めまい・ふらつきなど、循環器症状を選択肢として表示しています。

健康診断の検査(血液検査・尿検査・胸部レントゲン・心電図など)も引き受けている場合には「健診結果の相談」という選択肢を表示することで患者さんはチェックしやすくなります。

動悸・胸痛・背部痛は症状の持続の有無を質問

動悸・胸痛・背部痛など、緊急性の高い主訴については、今も症状が持続しているか否かを質問しています。「今もある」に選択をつけた患者さんは、心電図や血液検査など検査を優先的に回すことができます。

治療中の病気で心疾患のリスクとなる病気を選択肢として表示

高血圧・糖尿病・脂質異常症・心臓病など心疾患のリスクとなる病気を選択肢として表示することで、自由記載のみの場合には患者さんが記入しないリスクを減らしています。

家族歴も心疾患のリスクの1つなので、個別で質問しています。

アレルギーの質問では薬だけではなく食べ物も明示

質問文に「お薬のアレルギーはありますか?」ではなく「お薬・食べ物・注射のアレルギーはありますか?」と食べ物も明示することで患者さんは食べ物も記載いただけます。

妊娠の質問では「妊娠の可能性あり」も明示して表示

妊娠中・授乳中だけではなく「妊娠の可能性あり」という選択肢も表示して選択できるようにしてます。可能性が少しでもある場合に、使用できる薬が変わってきますので、「妊娠の可能性あり」も選択しとして切り分けて表示しています。

「妊娠:あり・なし」のみの選択肢の場合、妊娠の可能性が少しだけある場合に、患者さんによっては「妊娠なし」にチェックをつける可能性があります。

循環器内科の問診票のテンプレートをダウンロード

循環器内科の問診票のテンプレートを下記ボタンからダウンロードできます。
Wordファイルの方は無料会員登録が必要です。
ぜひダウンロードして、ご活用ください。

cardiology-monshin-thumbnail

“循環器内科問診テンプレートPDF” をダウンロード 循環器内科問診票テンプレート.pdf – 26 回のダウンロード – 57 KB

“循環器内科問診テンプレートWordファイル” をダウンロード 循環器内科問診票テンプレート.docx – 21 回のダウンロード – 9 KB